ツイッターで知り合って結婚!?最近流行中の「ツイ婚」で理想の結婚相手を見つける方法

ここ数年、sns文化が発展し続けており、何かしらのsnsのアカウントを持っているという人が多く、何も持っていない人を探すのが難しいくらい、情報発信ツールを持ち合わせています。そうした中で、ツイ婚というものがブームとなっています。ツイ婚の意味は、ツイッターで婚活をする、もしくはツイッターがきっかけで結婚したという意味があります。ツイッターで出会い、そこから実際に会ってみて、恋愛につなげていくには色々と方法があります。

ツイッターで出会うには、相手のつぶやきなどを見て、自分と同じような感性をしているとか、共通の趣味を持っているとかそうしたことを理由として相手をフォローし、相手からも相互フォローされることが前提となります。相互フォローされると、DMなどでいきなり声をかけることもできますが、当然ながらネットの出会い特有の警戒感があるため、最初のうちはつぶやきに対する返信で距離感をつかんでいき、距離感をつかみ切ればDMで声をかけ、メッセージを送ることが一般的です。

いざ待ち合わせをし、現実世界で出会ってしまえばそこは婚活サイトと同じで、あとは普通に会話のやり取りをしていけばいいのです。ツイ婚のいいところは、出会うまでにその人がどのような性格なのか、趣味嗜好なのかを判断することができる点です。人間性がにじみ出てくることも多く、この人は安全であると見極めることもできるようになります。また、その人と共通の知り合いがフォロワーなどにいる場合には、この人と関係性があるのであれば大丈夫、多少不安といったことも判断が可能です。婚活サイトや出会い系サイトよりも安全であり、その人の本質を見定めることが容易であるため、こうしたネットの出会いが当たり前となりつつあります。

ネットの出会いでありがちなのは、ネットでは雄弁に語っている人が現実世界では無口というケースです。舌鋒鋭く物事を切り捨てている人がすごく弱腰であるというギャップがありがちですが、このギャップもまたプラスに働くことがあります。いつもおちゃらけたことしか言わないのに、返信だけはいつも誠実な対応をするという人も存在し、そうしたギャップも気になる存在とさせてくれます。それから先は現実同様、行動力が物を言います。その人の好きなこと、嫌いなことなどsnsではたくさん出てきます。出会ってからすぐに結婚する人が多いのも、出会うまでの助走期間にその人との価値観のすり合わせが終わっているからとも言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *